通常のフローリングよりも時間をかけて乾燥させることで含水率を下げました。
床暖房を使用すると床の温度が上昇し木に含まれる水分が蒸発するため、フローリングが収縮したりします。
木に含まれる水分が少ないほど収縮がおこりにくいため、床暖房対応フローリングは含水率を落として作っているのです。